ビル建物安全ガイド【改修工事で変わる空間】

自然のエネルギー活用

作業員

太陽光発電という言葉は、今や一般家庭にも普及しているほど認知が上がっている自然エネルギーの活用でしょう。エネルギーは今まで原子力発電といった方法で対応されていましたが、最近はこうした発電方法が問題視されることもあって稼働を停止しているところが多いです。そこで代替エネルギーを作る方法として太陽光発電が注目されるようになりました。太陽光発電というのは、その名の通り太陽の光をエネルギーに変換して電気を作るものであり、パネルと発電システムを使って電気を蓄えます。産業用に使われる電気を賄おうと思うと大きなパネルとシステムが必要とされるので、土地活用の一環としても注目を集めているところです。

産業用と家庭用の大きな違いは、電気の使用量や発電量の必要性でしょう。家庭用であればせいぜい人数分の使用電気量を賄えば良い程度ですが、産業用は違います。製品やサービスの供給に必要な分だけ電気を作らないといけないので、広大な土地が必要となります。ただ、広大な土地が必要と言っても、基本的に日当たりのいい場所であれば電気を作るシステムは設置できるので、そこまで大きな問題ではないです。逆に言うと、建物を建築することができなかった土地においては、土地活用の可能性が生まれるので無駄にならないところでしょう。土地は持ってるけどなかなかうまく活かしきれていないという場合は、一度太陽光発電システムの設置で土地活用をする方法を検討してみましょう。